本文へスキップ

株式会社ムラオカ鉄工所は切削加工と発泡スチロール溶融機の会社です。

TEL. 0276-31-1549

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1550-1

会社概要COMPANY

社名
株式会社ムラオカ鉄工所
代表者
代表取締役  村岡 俊伸
本社所在地
〒373-0844
群馬県太田市下田島町1550-1
→アクセス
TEL. 0276-31-1549
FAX. 0276-31-1552
資本金
1,000万円
設立
1969年4月(昭和44年4月)
従業員数
16名(2018年8月現在)
営業品目
 
セキスイツーユーホーム制振錘製造販売
自動車部品製造・製鋼圧延部品製造
発泡スチロール溶融機製造販売
油圧式圧縮梱包機製造販売
各種省力化機器製造販売
各種製缶業
カッティング文字 製造販売

沿革
沿革

昭和 44年 4月
有限会社ムラオカ鉄工部として設立。
業務内容は、切削加工をボーリング(掘削)関係の部品を生産し、
その後急速な工作機械の進歩により、昭和48年に第一号機の
NC旋盤を導入。
自動車部品、油圧部品と高精度が要求される部品の製造に着手する。
昭和 56年 7月
有限会社ムラオカより分離独立。株式会社ムラオカ鉄工所設立。
本社工場を太田市下田島町に新築し移転する
昭和 57年 2月
マシニングセンタ導入。各部品の完成加工を目指す。
昭和 60年 4月
廃プラスチック処理機共同開発。製造販売開始。
昭和 63年 5月
廃プラスチック処理機アーデントパッカー共同開発
平成 元年 1月
発泡スチロール処理機クリーンヒートパッカーの委託製造
            販売開始(魚市場関係へ販売)
平成 2年 3月
積水化学工業株式会社 武蔵工場へアーデントパッカーAD3000を納入
  同 7月
三造環境エンジニアリング株式会社と販売技術提携締結
平成 3年 2月
セキスイエンバイロメント株式会社と販売技術提携締結
平成 5年 6月
セキスイツーユーホームの制振錘開発
  同  9月
制振錘 特許申請
平成 6年 3月
東京セキスイ工業株式会社へ納入開始
  同 10月
関西セキスイ工業株式会社へ納入開始
平成 7年 2月
関東セキスイ工業株式会社へ納入開始。制振錘特許公開。
平成 10年 1月
東京電力向け送電線鉄塔用階段ステップ開発
平成 11年 1月
階段ステップ納入開始
平成 15年 3月
廃プラスチック機減容装置特許出願
平成 18年 7月
台湾国特許公開
平成 20年 1月
環境事業部業務開始

バナースペース

株式会社ムラオカ鉄工所

〒373-0844
群馬県太田市下田島町1550-1

TEL 0276-31-1549
FAX 0276-31-1552