みーよさん お母様が突発性間質性肺炎



病歴= 1.5年
性別= 女性
年齢= 64歳

01年夏に私の母は間質性肺炎と診断されました。その一ヶ月前のレントゲン検査では何も異常が見られなかったのですが、7月の始めころから息切れがし、軽い風邪だろうと思っていたのですが、次第に悪化したため病院で検査をしてもらうと「特発性間質性肺炎(どちらかといえば急性)」とのことで、即入院でした。2ヶ月程入院し、ブレドニンの大量のパルス療法による処置をしました。退院後は元気になったと確信してしまい、無理をした為か、11月に再入院。また大量のパルス療法でした。ブレドニンがよく効いたので、少しづつ良くなり12月末に退院しました。しかし、在宅酸素療法も併用となりました。外出時も携帯の酸素ボンベを持っています。退院後も少しずつよくなってきましたが、少し無理をすると体がかなりしんどいようです。02年の夏ころから玄米食に切り替えるなど栄養面で少しでも薬による副作用などをカバーできたらと思い、いろいろ試しています。手足の指先がしびれたり、感覚がなくなることが多いようで、医師によるとまだ血液データにはあまり出てきていないが「膠原病の症状が出始めているのかもしれない」ということです。肩こりもひどく「間質性肺炎による血管の炎症のためだろう」と言われました。薬も種類が多く副作用など心配です。栄養面、漢方、指先のしびれや肩こりの症状を和らげるのに何か良い方法はな
いでしょうか?ご存知の方がいたら教えてください。
「間質性肺炎」はなかなか完治が難しいと言われますが新薬も開発されつつあるとも聞きます。少しでも元気に生活してほしいと願いますし、前向きに考えて生きたいので情報をお願いします。

メールはこちら

2003/02/27


戻る