html4.0入門(さわりだけ)

htmlの種類

 htmlは、W3C(World Wide WEB consortium)という団体が仕様を策定、発行しています。htmlには、いくつかのバージョンが存在します。私の知る限りでは、以下の種類が存在します。

html4.0は、さらに3つのバージョンに別れます。

html4.0 Strict スタイルシートを完全にサポートする為のhtml仕様です。世間ではこの仕様を完全に反映したブラウザはありませんし、今後も全てのブラウザが完全サポートすることはないと思います。たとえば、同じブラウザの最新バージョンで対応したとしても、全ての人が最新バージョンを使うとは限りません。しかし、スタイルシートと相反するようなエレメントは排除されていて、非常にすっきりとよくまとまった仕様になっています。反面、スタイルシートを使わないと、かなりさみしい文書となります。
html4.0 Transitional スタイルシートをサポートしています。しかし、html3.2の妙な拡張エレメントなどの使用も許可する移行期間仕様です。しかし、既に述べたようにhtml4.0 Strictだけに特化したブラウザが出るとは思えませんし、出たとしても世の中の全てのコンピュータがそれを使用するとは思えませんので、もっとも現実的なバージョンだと思われます。
html4.0 Frameset Transitionalにフレームの機能を取り込んだ仕様です。従って、フレームを使用するhtml文書は、このバージョンを選択することになります。

本ページでは、すでに書いたように、もっとも現実的と思われるhtml 4.0 Transitionalを基に話を進めていきます。


[PREV] [NEXT]