ピアノの調子を支える3本柱とは

ピアノの調子を支える3本柱とは

 

それは 調律 整調 整音です。

 

一般では、すべての作業を調律として表現

 

されていることがありますが

 

厳密には以下のようになっています。

 

調律の定義は ある高度をもって正しい
音律を作る事。

 

整調の定義は 打弦機構を正常な状態に揃え
正しい動きができるようにする事。

 

整音の定義は 音量、音色、 全体の
音のバランスを最良にする事。

 

ピアノの調子を支える3本柱とは

 

調律、整調、整音それぞれが正しい状態にあってこそ
ピアノを調子よくお使い頂く事ができます。
調律の際、整調や整音もトータル的に拝見していますが、
精度を高めるには調律時以外に整調や整音だけ重点的に
時間をかけて作業するのが望ましい場合もございます。