ピアノの歴史と音楽家たち

豆知識 ピアノの歴史と音楽家たち

 

      

1709年    
チェンバロ製作者だったイタリアのバルトロメオ
クリストフォリによってハンマーアクションを持つ
楽器として発表された。
クリストフォリはこの楽器を「ピアノとフォルテ
付きチェンバロ」と名付けた。

 

1747年
その後ドイツのオルガン製作者ジルバーマン
(1683〜1753)に受け継がれ王に献呈されていた
ジルバーマンのピアノでJ.S.バッハが御前演奏した。

 

後にドイツのヨハン・アンドレス・シュタイン
(1728〜1792)によりウィーン式アクション
として改良が重ねられた。
モーツアルトはこれによりできたピアノを愛用した。

 

一方イギリスのヨハネス・ツンぺ(1726〜1790)
によってクラビコードを継承改良したイギリス式
アクションの製作が進められた。

 

1780年
イギリスのブロードウッドがツンぺのアクションに
改良を加えスクウェアとグランドを完成。
晩年ベートーヴェンはブロードウッドのピアノを愛用した。

 

1783年
イギリスのブロードウッドがペダルを完成。

 

※モーツアルトの古い絵のピアノにはペダルがない。
ウィーン式ピアノの初期のペダルは膝で操作するタイプで
イギリス式は早くから足踏み式ペダルが導入されていた。

 

ベートーヴェンの時代は足踏み式ペダルが主流となった。
(1770年〜1827年)

 

1789年〜1799年
フランス革命以降
貴族のものであったピアノ音楽が一般大衆化され
音域や音量など求めに応じ改良されていった。

 

1796年
初期のピアノは5オクターブ程の音域だったが
6オクターブ半に拡がった。

 

※ モーツアルトの時代は5オクターブ程のピアノだった。
 (1756年〜1791年)

 

1800年
アメリカのホーキンスが竪型ピアノの特許を取得。

 

1809年
エラールがレペティションアクションを発明。後に改良。
これにより早い連打や繊細な表現が可能となった。

 

1824年  
ピアノは改良が進み現在と同じ程度のものとなる。
音域も7オクターブに。

 

※ベートーヴェンの時代5オクターブのピアノに始まり
7オクターブのピアノに至った。
リスト、ショパン、シューマンは7オクターブの
ピアノを弾いた。

 

その後も多くの発明改良がなされピアノは完成度を
増していった。